exhibition
2008.3.17(月)〜23(日)「魂の棲み処 展 マリ子祭り」

<会期中イベント  マリ子の友達祭り>
●3月20日(祝)13:30〜 中野マリ子 語り「命のかたち」
●3月20日(祝)14:30〜 清水芸人 パフォーマンス(綱渡り!!)
artist
マリ子の見つけた宝物…展示即売、語り
message

<わてらと釜ヶ崎>というボランティアグループのリーダー的存在中野マリ子は、パレスチナ難民キャンプの医療ボランティアの経験を経てあいりん地区ともいわれる、日雇い労働者達の集まる場所<釜ヶ崎>で毎年、越冬闘争という医療パトロールを行う活動などをしている。OUでの開催は今年で3回目になるこのイベント「マリ子祭り」はマリ子が釜ヶ崎の朝市で、見つけあつめた「宝物」の展示即売。そのどれも、新しくはないし、どこか痛んでいる。が、それぞれに暖かみと、輝きを秘めているように感じる。それは人の心とよく似ている…社会的弱者といわれる人々に寄り添う活動を通じて日本の現代社会が生み出す不安、差別、経済格差に疑問符をうちつつも心持ちひとつで希望的な展望がひらけるのだという暖かく、力強い「語り」は20日(祝)に開催。


close