ルプTOPページ 参加報告!
INTERIOR FESTIVAL 2010
於:Big SITE
 

         

 
画像はオールアバウト キッチンガイド黒田秀雄氏のページより拝借
 
  今年の夏
■あこがれのキッチン&バスAtoZ■
7月8日~8月8日リビングデザインセンターOZONE主催イベントにて、
コンセプト立案の本間美紀さんからのお声掛けで、テーマキッチンを作らせていただくという栄を賜りました。
 
   
  キッチンの提案は大山啓(タトデザイン/建築家)さん。設計図を基にステンレス部分を作らせていただくという部分的な参加でしたが、その折に、日本のキッチン業界第一人者黒田秀雄さんから、今回参加のINTERIOR FESTIVAL 2010 へのお誘いがあり、甲斐性のない身でありながら畏れ多くも参加するという流れに・・・。  
   
   ↑オシャレな画像はオールアバウト キッチンガイド黒田秀雄氏のページより拝借  
  ルプでは、2007年より大阪は河内長野の山にて、山主さんから立ち木を買わせていただき、伐採→山にて葉枯らし自然乾燥→玉切出材→挽割製材→桟積み自然乾燥・・・と細々続けてきた<新月伐採>の木がやっと使える状態になり、最近ではフローリングの注文などもぼつぼついただいているのですが、この際、この新月伐採での杉の木とキッチンを組み合わせた提案をしてみたく、今回の企画が始まりました。
 
     
  オーダーキッチンをお伺いする際に、今のトレンドであるアイランドキッチンを希望される方が増えています。ところが、ダイニングテーブルをどこに?と考えたとき、結局、キッチンは壁を向いたI型になってしまうケースが多々あります。そんな時、こんなキッチンはどうでしょう?   
   
     ↑画像はオールアバウト キッチンガイド黒田秀雄氏のページより拝借
たっぷりとしたダイニングテーブルにキッチンスペースを作ってしまう。
画像はシンクですが、コンロをもってきてもいいでしょう。作業スペースが気になれば、もう少し作業スペースを広げる工夫も考えられます。食洗機の設置だって可能です!
 
   
  展示初日、大山啓(タトデザイン/建築家)さんが一番に駆けつけてくださいました。OZONEでの展示がこうして新しいキッチンの提案にこぎ着けたことへのお礼と感謝の気持ちをお伝えしましたら、手放しで喜んでくださって・・・大山啓さん、本当にありがとうございました。同じく初日のお昼ごろ、もう一人の恩人本間美紀さんが来られたのですが、私たちはちょうど遅昼に出かけていて、お逢いすることが適わず・・・それも、あくる日の本間さんからいただいたお電話でわかり、本当に残念なことでした。   
 
画像はオールアバウト キッチンガイド黒田秀雄氏のページより拝借
 
  ビッグサイトは流石です。
発表された来場予定者25,000名・・・でも、私たちのブースは本流から離れた場所にあり一日平均100名ほどの方に、声をからしながらお話させていただきました。私たちが背伸びせずに対応できるちょうどいい人数だったといえます。交換させていただいたお名刺からも日本全国の都道府県より来られた関係者や一般来場者が見え、頑張って参加させていただいた価値はあったと、じわじわ感動が押し寄せています。お誘いくださったキッチンゾーンプロデュースの黒田秀雄さま、ブースをご覧下さったみなさま、遠くから応援にきて下さったお友達♪などなど、みなさま、本当にありがとうございました。

この経験を次に繋げてキッチン作りに励みたいと、新たな想いでいっぱいのルプです。
 
   
                       
 

 
 since16082001 Copyright (C)2001 Le pur All right reserved.